仕事が終わり深夜帰宅後に
ふっとテレビをつけると

たまにみてしまうNHK『プロフェッショナル~仕事の流儀~』再放送

今回のプロは歌舞伎役者 坂東玉三郎氏。

キャスターの茂木健一郎と住吉美紀が
インタビューしている。

細部にまでこだわりを見せているプロに対して

目標設定はあるのですか?

するとプロは。。。


【遠くを見ない。 明日だけを見る】

玉三郎は、未来の目標を立てない。明日の舞台のために力のすべてを尽くす。
それは、玉三郎がいつ踊れなくなるかという不安と戦ってきたからだ。幼い時から病弱だった玉三郎は、自分の体が舞の激しい動きや重い衣装に耐えられなくなるかもしれないという危機感を常に心において生きてきた。体のケアはほぼ毎日、公演中は声の調子を保つため友人との電話も控える。一日一日を明日の舞台のためにささげる生活を続けてきた。
初舞台から50年。玉三郎は、今もその流儀とともに舞台に立ち続ける。



自分はいかが?

将来の夢・展望は?
計画は?
目標は?短期中期長期?

本来の人々の多くは計画や目標を立てて
それに向かって進んでいるのに

何だ!!坂東玉三郎は(・vv・) ハニャ???


しかし話し方、間の取り方、表情・・・・・

オーラがブラウン管越しにつたわってくるではないの・・・・・・(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-


そして最後に
茂木>プロフェッショナルとは?
プロ>どんな状態でもこれだけのものをお客さまに提供できるということのある種の線をきちっと保てるということじゃないかと思いますね。



心にズンズン|*'ω')r))
かしこまりましたな深夜でしたの(*゚o゚*)~゚ ボー
[PR]
by oretokappa | 2008-01-23 00:47 | ◆ その他出来事
<< OWAKARE ↑TOP↑ ロッキー・ザ・ファイナル >>


AX